先天性耳瘻孔の遺伝確率

生まれつき耳の前の方に小さな穴が開いていいるのです。それが、先天性耳瘻孔とよばれています。そして、その穴から臭い匂いのする汁がでたりします。そして、先天性耳瘻孔の発生頻度として、日本では0.7パーセント前後で、家族性に多い場合があることが報告されています。

スポンサードリンク


先天性耳瘻孔はお母さんのお腹の中にいる胎児のときに耳介が形成される時にふさがらなかったすき間(穴)です。また、耳瘻孔の穴は、子供に高率に発生するとも言われています。小さな穴の奥は袋のようになっているのですが、1~1・5センチの長さのトンネルのようになっています。


また、穴の奥はタコ足状のように延びている場合や、耳介軟骨を貫通している場合もあります。そして、先天性耳瘻孔の頻度は約100人に1人の割合で発生するといわれています。両側性もあるのですが、片側性の方が比較的多く見られます。


また、両親のどちらかに先天性耳瘻孔がある場合には、子供にも症状が出やすいと調査されています。そして、何回も皮膚切開を続けることによって、いざ手術になった場合には難しくなることもあります。先天性耳瘻孔の場合、瘻管の一部を取り残さないようにすごく慎重に手術する必要があります。取り残してしまうと再発します。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

先天性耳瘻孔の認知度
先天性耳瘻孔を持っている人の割合は以外に多いといわれています。しかし、案外気づか......

▲このページのトップへ