先天性耳瘻孔の認知度

先天性耳瘻孔を持っている人の割合は以外に多いといわれています。しかし、案外気づかないだけで、周りの人たちにもいるのかもしれません。また、両親が先天性耳瘻孔を持っていると子供に多く先天性耳瘻孔が発症しています。

スポンサードリンク


統計から見ると家族間の遺伝が多いといわれています。ですが、なぜ遺伝するのかは未だに明らかになっていません。先天性耳瘻孔を持っていたととしても気づかずに生活している人も多くいます。炎症がない限りあまり気づかないのかのしれません。と言うことは、先天性耳瘻孔は何もなければそれほど大きな疾患ではないということです。


また、先天性耳瘻孔を病気として扱うのか、そうでないのかは、炎症を起こしているかどうかを基準にします。なにもなければ、ただの穴。ですが、炎症を起こしてしまうと病気として扱われるようになります。また、先天性耳瘻孔は、最終的には手術となってしまいます。でないと完全に完治はないと言い切れるからです。


先天性耳瘻孔は、一度感染してしまうと何度も繰り返していきます。そして、何度も感染を繰り返して切開を続けているうちに癒着を起こしていきます。そうなると、いざ先天性耳瘻孔の手術となったときにすごく難しくなってしまいます。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

先天性耳瘻孔の遺伝確率
生まれつき耳の前の方に小さな穴が開いていいるのです。それが、先天性耳瘻孔とよばれ......

▲このページのトップへ