先天性耳瘻孔の治療の必要性

先天性耳瘻孔の穴は皮膚のトンネルのようになっています。そして、そのトンネルのような穴は、耳介の軟骨にまで細い手袋状になって延びています。そして、先天性耳瘻孔の多くは耳介の軟骨に癒着したり、また一部では耳介軟骨を貫通して耳介の裏側にまでのびていることもあります。そして、先天性耳瘻孔は、耳介のまわりのどこの部分にでもできるのですが、一般的には耳輪脚のまえの方に穴があることが多いようです。

スポンサードリンク


そして、その穴は、両耳に存在している場合もあるのですが、方耳の方が多いみたいです。この先天性耳瘻孔をもってる方はけっこうパーセンテージにして多いと言われています。


また、先天性耳瘻孔は、耳瘻孔が感染すると治療の必要がでてくるのですが、感染しなければ治療の必要はない疾患だと言えます。たまに、何もしていないのに穴から白い液体や、脂肪のようなものが出てくることもあるのですが、これはあまり気にすることはありません。


ばい菌に感染して赤く腫れあがったり、化膿して膿が出たり、痛みがある場合は治療が必要になってくるのですが、特別そのような症状がないかぎりは心配する必要はありません。ですが、穴が気になるからといってむやみに触るのは絶対にしてはいけません。手はかなりのばい菌をもっています。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

先天性耳瘻孔ができる過程
お母さんのお腹の中にいる時、胎児は魚のエラのような器官を待っているといわれていま......
先天性耳瘻孔の位置
先天性耳瘻孔は、メガネフレームのすぐしたあたりの耳の前の部分に小さな穴が開いてい......
先天性耳瘻孔の長さ
先天性耳瘻孔とは、生まれつきにして耳の回りの皮膚に小さな穴があいていることです。......
先天性耳瘻孔とばい菌
ばい菌の付いている手で触ることによってバイ菌に感染してしまうことも多くあるといわ......
先天性耳瘻孔と膿
先天性耳瘻孔の手術は感染していない時に行うようになります。感染のときは一旦抗生物......
先天性耳瘻孔が化膿した場合
また、先天性耳瘻孔が化膿して、赤く腫れた場合の処置としては、大きく分けて2つあり......
先天性耳瘻孔の炎症
先天性耳瘻孔は、長さも出来る位置も人によって違っています。ですが、先天性耳瘻孔は......
先天性耳瘻孔の臭い
耳瘻孔が化膿したところから、くさい匂いを伴った膿がでてくるようになります。そして......
先天性耳瘻孔の感染を防ぐには
先天性耳瘻孔と効いて聞きなれない人達も多くいるとおもうのですが、そう大げさな疾患......

▲このページのトップへ